かぼちゃの生育状況 19/2/13

ハウスは暖房は入れませんが、冬場でも締め切っているとあっと言う間に40度を超えてしまいます。家から車で10分ほどかかるし、天候も変わりやすいため失敗の殆どは高温障害によるものです。まして畑が方々にあり付きっきりの管理が出来ないため、センサーとモーターを組み合わせて天井の一部を開閉できるようにしてあります。この装置には雨センサーも付いていて雨が降ると自動的に閉めてくれます。

トンネルの両肩に小さい穴が列になって開いているのが分かりますか?この穴も高温になった時、暑い空気を外へ出して高温障害を回避してくれます。その分夜間は穴無しよりも温度は下がりますがハウスは締め切っているので外気温より数段温かいです。

マルチの中には水や液肥をかけるための潅水チューブが入れてあり、雨の降らないハウス内に水分を供給したり生育をコントロールするための液肥を供給することが出来ます。

カテゴリー: かぼちゃ, | コメントする

かぼちゃの生育状況(定植) 19/2/12

昨日、今日二日がかりで ありがたや南瓜 の苗を定植しました
ビニールハウスとハウスの中に畝を作りその上にビニールのトンネルを被せて寒さ対策をとっています。ハウス内の午前11時頃の気温は24度です。

※12日の浜松の最高気温は11.2度でした

マルチが赤いのも地温を上げるためです。
一番地温が上がるのは透明なのですが、透明だと雑草が育つのに必要な波長の光を通してしまうため草だらけになってしまいます。かと言って黒だと光を通さないため草は生えませんが、地温の上昇も期待出来ません。そこで誰かが考えたのが赤外線は透過させるが、雑草が育つのに必要な波長は通さない色がベンガラ色だったそうです。

カテゴリー: かぼちゃ, | コメントする

かぼちゃの生育状況 19/1/30

 向かって右側が 白かぼちゃ 左側が 黒かぼちゃ です。同時に播種したのに 白 の方が生育が早く、かつ勢いが良いようです。細くて間伸びしていろのが 白、がっちりしているのが 黒です。
 一本ずつの比較だと双葉の大きさから違うことが分かります。
 朝日の出と共にトンネルを開け、夕方日没と共にトンネルを閉じることを繰り返して徒長しないよう育苗しています。 


カテゴリー: かぼちゃ, | タグ: | コメントする

かぼちゃの生育状況(鉢上げ) 19/1/23

昨日に「ありがたや南瓜」の【白】、
本日【黒】を各240本ずつ計480本鉢上げをしました。
発芽までは最低20℃最高30℃に管理しないと発芽が揃いません。
しかし、鉢上げ後は最低10℃最高20℃位に下げて管理しないと伸びすぎて軟弱になるのと、南瓜は葉が大きくなるためトンネルに収まらなくなるだけでなく、定植した後軟弱に育つため、育苗は重要なプロセスです。

カテゴリー: かぼちゃ, | タグ: | コメントする

かぼちゃの生育状況(播種) 19/1/11

1月11日に「ありがたや南瓜」を播種しました。

11時11分に種を蒔き、1月11日11時11分となり1が ラッキー7となりました。
さらに1株1蔓1果を加え、1が10個も並ぶことになりました!

カテゴリー: かぼちゃ, | タグ: | コメントする