白イチジクの生育状況 19/8/10

白イチジクの初成りは、8/3に2個見つけ、仏様へのお供えにしました。
鳥へのお供えも20個ほどあり、キレイに食べられた上に蟻が真っ黒に集っていました。

8/9から袋掛けを開始しました。

一方で心配ごとも有ります。今度の台風10号に絡んでの雨は有ると思いますが、梅雨明け以降一滴の雨も降っておらず、その影響で白イチジクの葉が黄色くなり始め、落葉も始まったのです。

折角沢山実っている白イチジクをシーズン最後まで収穫するために、水を掛けはじめました。

1.白イチジク圃場
2.ベルサイユ(仮称)看板
3.袋がけ対象果実
・プックリ膨らむ。
・光沢が出る。
・果皮がクリーム色から黄色になる。
袋を掛けると大体2~3日で収穫になります。
4.袋掛け
・袋に7色の線を引いて、袋がけした日が分かるように
して採り忘れを防ぐ。
5.6.袋掛けした樹

カテゴリー: , 白イチジク | コメントする

オクラの生育状況 19/7/29

写真は上から2枚ずつオクラの第1弾、第2弾、第3弾の畑の様子です。
人間は暑い暑いと悲観的ですが、オクラは我が意を得たりと一段と元気に生育中です。

カテゴリー: オクラ, | コメントする

かぼちゃの生育状況 19/7/29 冬至用かぼちゃ

分かりにくいですが段ボールの下には冬至用南瓜の種800粒が無肥料の培地に蒔かれ、
濡れ新聞紙が被せられています。

カテゴリー: かぼちゃ, | コメントする

オクラの生育状況 19/7/25 第2陣の畑 第3陣の苗

第1弾の隣に第2弾の千本を植えました。
苗は培土に含まれる窒素肥料の影響で徒長気味でしたが定植してリン酸肥料液肥を水で薄めて施肥したところ、落ち着いて来ました。

第2弾を定植した日に第3弾の千本を播種しました。
実際には一鉢5粒蒔いて2本残しますから種は2500粒蒔いています。
第2弾が培土の窒素肥料の影響で徒長気味の苗になったので、
第3弾は培土を自家製とし無肥料にしたところ背の低いドッシリした苗に育っています。

カテゴリー: オクラ, | コメントする

オクラの生育状況 19/7/25 第1陣の畑

オクラ畑 
第1弾の千本、背丈60cm位です。
今日収穫したのに 次の莢、その次の莢、今日咲いた花、明日咲く蕾と四日分の準備が出来ています。

カテゴリー: オクラ, | コメントする

オクラの生育状況 19/7/13 第2陣の畑

写真は第2陣の作付け予定地と苗の状態です。定植が終わると第三弾の種を蒔きます。
それで大体10月半ば頃まで収穫が続きます。

カテゴリー: オクラ, | コメントする

オクラの生育状況 19/7/12 収穫開始

島オクラの収穫が開始しました。
写真は現在収穫中のオクラ畑です。
角の丸い島オクラです。

島オクラは成長が速く、花が完全に落ちないうちにさやが
伸びるため、どうしても先端が少し曲がっているのが特徴です。
10月半ばまで続く予定です。

カテゴリー: オクラ, | コメントする

スイカの生育状況 19/6/17 空飛ぶスイカの出荷姿

すいかは6/17より出荷開始しました。
出荷にはスイカが空を飛んでいる姿をイメージしたシールを貼っています。

カテゴリー: スイカ, | コメントする

スイカの生育状況 19/6/9 空飛ぶスイカが落下

空飛ぶスイカが落ちてしまいました。
吊り具の掛かりが甘いため外れて自重で落ちてしまいました。
見た目では1kgないと思ったのですが、測ってみると平均で1.15kgで意外と比重が高いようです。

現在交配から30日ですから最終的に1.2kg程度にはなりそうです。
切ってみると色は薄いし種も白いですが食べた感じでは糖度は10.5度くらいかと思います。
出荷時には随分甘くなると思います。

カテゴリー: スイカ, | コメントする

スイカの生育状況 19/5/28 宙に浮かぶ西瓜

西瓜の立体栽培はいよいよ佳境に差し掛かっています。
1日50個しか吊れなかった西瓜の玉吊りも慣れると1日100個くらい吊れるようになりました。昨日で700個を吊ったことになります。西瓜は着果節位によって形も大きさも異なります。下位ほど球形で小さいですがその分糖度が高くなります。逆に上部ほどラグビーボール型で大きくなりますがその分糖度は少し下がります。

黄色は着果している蔓、赤は無着果の蔓

     画像ですが、最後の2枚に注目して下さい。
1.西瓜の蔓を誘引している紐が黄色と赤の二本がある。
2.黄色は着果している蔓、赤は無着果の蔓

 色々調べていたら、一株2本仕立一果採り と言う言葉や 遊び蔓 と言う言葉が出て来ます。西瓜の立体栽培、一本仕立は家庭菜園的なものが多い中、農研機構やJAの記述には重大な事実が含まれていました。

    一本仕立にした場合、着果節位より上部の全ての葉で作られたデンプンは全て果実に取り込まれ根には一切供給されない。そのため一株一蔓仕立にすると根に養分が行かないため収穫直前に萎凋病(生理障害)となり枯れてしまう。これを回避するには 遊び蔓  を設けて根への養分供給を確保することとあります。

   これを回避するために、着果させる蔓と着果させない蔓の二本仕立として萎凋病を回避します。黄色が着果蔓、赤色が非着果蔓です。

カテゴリー: スイカ, | コメントする